Windowsが起動しない場合の復元方法

Windowsが起動しない場合の復元方法

Windowsが起動しない(パソコンが立ち上がらない)というトラブルで、再インストールをしてパソコンを復元しようとする人は少なくないと思います。

 

Windowsが起動しない原因が、ハードウェアによるトラブルの場合、パソコンを復元するためには、そのハードウェアを修理するか交換するしかありません。

 

しかし、レジストリを変更したら起動しなくなった場合、新しいアプリケーションソフトをインストールしたら起動しなくなった、などというような場合もあるかと思います。

 

また、ドライバをアップデートしたら起動しなくなった、という話も聞きます。

 

これらの起動しない理由では、パソコン自体を修理しなくても、部品を交換しなくても、Windowsを復元できる可能性があります。

 

まず、セーフモードでパソコンを起動してみましょう。
セーフモードで起動した後、直前に行った操作や設定を元にもどします。

 

そしてデバイスマネージャーで、特定のハードディスクを無効にしてみます。

 

次にアプリケーションソフトをアンインストールしてみます。
ドライバを変更したのち、システムの復元を実行します。

 

これらの操作を特に行わなくても、一度セーフモードで起動してあげることによって、設定が初期化され、トラブルが解決することもあるようです。

 

また、トラブルの状況にもよりますが、セーフモードでさえ起動すれば、環境ファイルやレジストリ、データファイルをバックアップすることができます。

 

バックアップしたのち、再インストールを強制的に行って、パソコンを復元することも可能です。