レジストリをもどしてWindowsを復元する方法

レジストリをもどしてWindowsを復元する方法

Windowsが起動しない時に復元する方法として、直前の状態のレジストリに戻す、という方法があります。

 

これは、セーフモードでWindowsが起動しなかった場合に試してみるトラブルシューティングです。

 

WindowsXPには、「前回正常に起動したときのレジストリ」が、オリジナルとは別のフォルダに保存されています。

 

そして、そのレジストリ状態に戻すことによって、Windowsを復元することができます。

 

レジストリを操作してWindowsが起動できなくなった、という場合なら、復元できる可能性は高いと言われています。

 

レジストリを元にもどしてもWindowsが起動しない場合は、Windowsを復元することは容易ではないようです。

 

しかし、WindowsXPには「システムの復元」という機能がついていますので、この機能を使ってみます。

 

この機能は、レジストリ以外にも、アプリケーションソフトやドライバなどのインストールやアップデートといったシステムの変化の履歴を記録しています。

 

たとえば、不適切なアプリケーションソフトのインストールや、ドライバのアップデートによってWindowsが起動しなくなった場合があるとします。

 

このような場合、「システムの復元」を使用することによって、Windowsを元の正常な状態に復元できるようです。

 

しかし、「システムの復元」はWindows上で機能するため、Windowsが起動することが最低条件です。

 

そのため、最初に作業用Windowsを起動させるための操作が必要になってきます。