ファイルやデータの復元、パソコンデータの復元ソフトについて

ファイルやデータの復元

パソコン内にあるファイルやデータを削除して、ごみ箱から完全に削除したつもりでも復元ソフトを使用すれば、削除したデータを復元できる場合があります。

 

では、なぜ削除したファイルやデータを復元できるのでしょうか。

 

パソコン内のファイルやデータを削除した場合は、そのファイルやデータに削除マークが付けられます。

 

削除マークが付けられたファイルやデータは画面上では見ることができなくなります。

 

パソコンを使用する人から見れば、ファイルを画面上で確認できないので削除されたものと普通は考えます。

 

しかし、ファイルやデータは画面上で見ることができなくなるだけで、実際にはパソコン内には残っているのです。

 

パソコンのハードディスクにデータを書き込む際には、ハードディスクの未使用領域にデータを書き込んでいきます。

 

ここで、削除マークが付けられたファイルやデータは未使用領域と判断されます。

 

そのため、新しいデータがその未使用領域に上書きされるまでは、パソコンの中に残っているのです。

 

よって、削除してしまったファイルやデータを復元したい時は、新しいデータが書き込まれる前に復元しなければなりません。

 

データやファイルを復元する方法にはいろいろあります。
市販のファイル復元ソフトを使用する方法が一般的になってきました。

 

ファイルやデータの復元を専門としている業者さんにお願いする方法もありますが、業者さんにお願いする場合は、それなりの値段もかかりますし、個人情報の心配もありますので、復元ソフトを使用することが一般的になってきたようです。

パソコンデータの復元ソフト

パソコンを長年使用していると、大切なデータを削除してしまい、頭を抱えてしまったことは少なくないと思います。

 

データを単にごみ箱に移動しただけならば、クリックひとつでデータを元の場所に復元することができます。

 

しかし、ごみ箱から削除してしまった場合は、簡単にデータを復元することはできませんね。

 

こういう時は、データ復元ソフトを使用してみてはいかがでしょうか。
このデータの復元ソフトには、いろいろな種類が販売されています。

 

簡単なウィザード形式で、高度な復元技術を誰でも簡単にできる復元ソフトもあります。

 

例えば、単にファイルが消えてしまったトラブルから、復元の難しいドライブが見えなくなってしまった場合であっても、ウィザード形式の簡単操作で復元することができるのです。

 

また、間違ってフォーマットをして消してしまったデータなどを復元できるソフトもあります。
もちろん、誤って削除したファイルやフォルダも復元できるソフトもあります。

 

また、復元ソフトによっては、パーティションを削除してしまっても、データを復元できるようです。

 

Eメールであっても、メッセージを誤って削除した場合や、メールソフトのアンインストール、ドライブをフォーマットしてメールが消えてしまった場合なども復元できます。

 

安いソフトですと、1万円以下からありますので、ひとつくらいは持っていてもいいかもしれませんね。

 

ただし、火災や落雷、落下、水没、などによりパソコンやハードディスクが物理的に破損された場合は、対応できないようです、当たり前ですが・・・。