バックアップユーティリティーで復元する

バックアップユーティリティーでパソコンを復元する方法

バックアップユーティリティーは、Windowsに無料で付属しているバックアップツールです。

 

市販のバックアップツールに比べると、使い勝手の部分に関しては、やや落ちると言われていますが、Windowsに付属しているので、コストをかけることなく、パソコンの復元ができます。

 

この付属のバックアップユーティリティーの場合、市販のバックアップツールのようにCD−ROMやフロッピーディスクから起動して作業できません。

 

Windowsが起動している状態でのみ、利用可能ということになります。

 

そのため、Windowsが起動しないような重大なトラブルの場合は、パソコンを復元するのに手間がかかってしまいます。

 

作業用のWindowsをインストールしてからバックアップユーティリティーを起動し、パソコンを復元するという順番になります。

 

また、バックアップ先にも制約があります。

 

バックアップ先として利用できるのはハードディスクとMOで、DVDやCDなど、光学ドライブへ直接書き込むことはできないようです。

 

光学ドライブしか適当なドライブがない場合は、ハードディスクにバックアップイメージを書き出して、その後DVDなどに書き込むという手順になります。

 

また、WindowsXP Home Editionにはバックアップユーティリティが標準でインストールされていません。

 

WindowsXP Home Editionでバックアップユーティリティーを使用したい時は、自分でインストールCD−ROMからインストールする必要があります。